ハローワークを活用しよう!

ハローワークとは

ハローワークは公共職業安定所の呼称ですが国の機関で仕事の求人を紹介しています。全国にありますが個人の住所地の最寄りのハローワークで一度登録すれば、その後、紹介してもらうことが出来ます。

中小企業も登録を済ませて求人する事で、求職者と合致すれば担当者の連絡で面接日時が決定されます。企業で面接後、採否の決定が本人とハローワークに通知されるようになっています。

個人の紹介をするのに必要な書類を登録する事で、担当者は求人の会社に仕事に関する個人情報を連絡できますので、登録が必要になります。他の職業求人と違う点は責任を持ってしてもらえることです。但し会社に紹介するだけの仕事ですので会社が行う採否は行っていません。

また現在勤務している会社を辞め、転職する場合にも雇用保険を受け取る事になりますが、手続きをすれば雇用保険の受給期間中でも求職活動やハローワーク内の職業訓練を受講できるようになっています。そのような事でハローワークは利用されています。

ハローワークでできること

ハローワークでできることは未就労の人であれば個人の好みの仕事が見つかり、収入も参考にすることが出来ます。未就労の人は勤務できる年齢でありますが仕事をしていない人などの人が求人対象になります。

また仕事をしていても自己事情や会社の都合で未就労になりますが、ハローワークに登録する事で雇用保険の受取と求人探しをする事が出来ます。また未就労の人は仕事に有利な職業訓練や資格の受講を無料で受ける事ができますので仕事に就く時間は早くなり、安定した生活をする事ができます。

ハローワークは国の機関ですので求人の就職の機会を全国民に平等に紹介し、責任もありますので、仕事に関してはハローワークに登録する事です。求人登録するには最寄りのハローワークで行う必要があります。

また現在ではインターネットを利用して最寄りのハローワークの仕事の紹介を検索、また応募できるようになっていますが、求職登録しないと受付をしてくれませんので注意が必要です。